宇宙のしくみ

直線上に配置

始まりも終わりもないという無量(無限に連続する分裂単位量)の内界に、始まりと終わりが同時(表裏一体)に在るという宇宙到達した結果は、更なる原因に還るに連続する、
しかしあらゆる宇宙に連続しようとも、ひとつという無量にかわりはない
=普遍

あらゆる、ひとつのものの内界に無限に連続する分裂単位量が同時に在る、表裏一体に、あらゆる、ひとつのものの外界に無限に連続する分裂単位量が同時に在る。あらゆる分裂単位量(ひとつのもの)の内界には、すべての相互作用を有さず静止する(原因=始まり=今=死)から、表裏一体に、すべての相互作用量に完結し静止する(今=結果=終わり=死) までの時空間(意識=生)の稼働量がある。
あらゆる分裂単位量
(今)に連続しようとも、あらゆる今とは無量(ひとつのもの)という普遍にあり、ひとつのもの(普遍)の内界に更なる分裂単位量(更なる均等に得た更なる相互作用単位量)に連続しようとする(意識=重力=時空間=更なる概念に連続しようとする進化の根源=宇宙が稼働する原理)
あらゆる次元に在る宇宙(今)は分裂単位量(すべての原因を有し、すべての結果量を得ていない=均等=中間から、相反する、すべての結果量を得て、すべての原因を消失する=均等=中間、に到達しようとする=重力=時空間)を動力源とし、しかし原因(無量)は無限(始まリもなく、相反して、終わリもない)の分裂単位量に連続し、生まれ出ようとする、あらゆる相互作用結果単位量(進化単位量)に到達する場所は無い(ないものと同じに在る)。そして普遍に在る宇宙の始まりも、表裏一体にある、普遍に在る宇宙の終わりも、相反する同じもの。

 

事象

 



直線上に配置


                          メール:tontamapearl-6960@ab.auone-net.jp

                                                                                                         2001 
                                   当サイトに記載されているすべての文章、
及び説明図等の転載及び複製は認めていません。