パラドクス

連続する世界を、ひとつの世界で説明する、相反して、ひとつの世界を連続する世界で説明する事にパラドクスがある

 

二分法

※有限世界(分裂単位量)は、表裏一体に、無限回に連続する=宇宙が稼働する原理。

※有限(単位量)のみでは稼働しない(存在しない)=無限のみに結果は出ない(存在しない)

※有限に在り、同時に無限は説明できない=無限に在り、同時に有限は説明できない(すべては表裏一体にあり、ひとつのものとして存る)

 

【ある地点Aから地点Bоへ移動するためには、Aからの距離がABо間の距離の半分の地点B1に到達しなければならない。更にB1に移動するためには、Aからの距離がAB1間の半分の地点B2に到達しなければならない。以下同様に考えると、地点Aから地点B0へ移動するには無限の点を通過しなければならず、そのためには無限の時間が必要である。よって有限の時間で地点Aから地点Bоに移動することは不可能である。】

■有限世界:光の単位量(質量という概念の始まりから終わりまで=時空間量の根源)は有限世界に在り、光の単位量の完結(同時)の内界に、あらゆる見かけ上の質量と、表裏一体にある、あらゆる虚空間量に確定する(距離に確定=物質世界)

■無限世界:光の単位量(質量という概念の始まりから終わりまで)は無限に分裂に連続し、あらゆる見かけ上の質量と、表裏一体にある、あらゆる虚空間量に確定できない(距離に確定できない=概念宇宙)

ある地点Aから地点B0という有限世界(単位量)に到達するために、無限に半分の距離を設定できない(単位量の内界には最小単位量がすでに在る)。無限世界に有限世界(単位量)は設定できない(無限は単位量ではない)。ひとつの世界に有限と無限は同時に無い(有限と無限は表裏一体に在る)

※光の単位量(質量という概念の始まりから終わりまで=時空間量=同時)の内界に、原子以降の概念は入り込めない。入り込めないから見かけ上の質量と虚空間量に確定できる。しかし仮に光の単位量の内界にまで入り込んだとすれば、見かけ上の質量と虚空間量に確定せず、速さに生まれ出ることができず、そして原子→分子→物体→生物という進化にも生まれ出ることはできない。しかし光の単位量の内界(時空間量)は無限の分裂に増幅し、宇宙は確定せず無いものと同じに在る。

 

アキレスと亀

 

※分裂量のひとつに収縮に在ろうとも、単位時空間量=自己=普遍の概念の存在に変わりはない(今は今のみに在り、過去と未来との相対的な比較はできない)

【アキレスが亀の居た地点の到達した時には、亀はアキレスが到達するのに要した時間の分だけ先に進んでいる。いつまでたってもアキレスは亀を追い越せない。】

1回目の確定した光の単位量(時空間量)の内界に、見かけ上の質量と、表裏一体にある、虚空間量に完結する(虚空間量の内界に距離を得る)→2

回目の更なる分裂量に収縮した光の単位量(時空間量)の内界に、見かけ上の質量と、表裏一体にある、虚空間量に完結する(虚空間量の内界に距離を得

。しかし分裂(収縮)に連続しようとも、光の単位量(見かけ上の質量と、表裏一体にある、虚空間量に確定=概念)は普遍にあり、そこに大きさの相対的な違いはなく、距離の確定の連続の積み重ねという速さを得る=アキレスはカメを追い越せる。

■1回目の確定した光の単位量(時空間量)の内界に、見かけ上の質量と、表裏一体にある、虚空間量に完結する(虚空間量の内界に距離を得る)→2

回目の分裂量に収縮した光の単位量(時空間量)の内界に、見かけ上の質量と、表裏一体にある、虚空間量に完結する(虚空間量の内界に距離を得る。そして1回目の光の単位量と2回目の分裂量に収縮した光の単位量は相対的な大きさの違い(過去と今)に在る=アキレスはカメを追い越せない。

 あらゆる今(単位世界)を認識する連続の積み重ねにアキレスはカメを追い越せる、表裏一体に、非単位量という連続を認識できない(分裂宇宙)にアキレスカメを追い越せない。

すべては分裂に連続する単位量の世界であり、しかし宇宙空間をひとつの空間で完結していると仮定すれば、このような矛盾が出てくる。そして仮に宇宙空間

がひとつで完結し、その中にあらゆる物質があるとすれば、すべての物質は静止し宇宙の活動はない静止する宇宙=消失した意識量=ないものと同じに在

 

飛んでいる矢は、止まっている

※連続の総体(同時に確定(静止する=認識)が在る、表裏一体に、確定(静止する=認識)の内界には連続の総体(同時)が在る。

光の単位量(質量という概念の始まりから終わりまで=時空間量の根源)は生物の感じる一番短い時間(同時=原子→分子→物体は入り込めない)に在る。光の単位量に完結(あらゆる見かけ上の質量と、表裏一体に、あらゆる虚空間量に確定=物質と空間は固定されている=同時)。そして生物(素粒子を根源に構成されるもの)は、光の単位の完結の連続の積み重ねに、あらゆる存るものが速さを有していると思える。

素粒子を根源に有し、構成される飛んでいる矢は、光の単位の内界に完結(静止=同時)し、しかし光の単位の外界(光の単位の完結の連続の積み重ね=速さの世界)にあり飛んでいると思える。しかし静止する矢は、光りの単位の内界(質量という概念の始まりから終わりまで)という根源的な時空間量に確定以前は、見かけ上の質量と、表裏一体にある、虚空間量に確定しようとしてに飛んでいる。

 

競技場(あらゆる概念は自己の外界を認識できず、表裏一体に、更なる概念の内界に認識される)

※あらゆる違う進化単位量(過去・今・未来)に在る概念を、ひとつの世界(概念)では説明できない。

あらゆる自己(概念)単独にあり、物体→分子→原子→素粒子も、それぞれに自己に完結の連続を積み重ねている。あらゆる自己は相対して一対という相対

的な違いの総体(ひとつのものという世界)にあり、しかしその総体の内界にある、あらゆる概念の相対的な違いを認識できるものは、更なる概念(意識=生物=

人間)にしかできない。 

※人間(概念)は生物を構成する前提である、分子→原子→素粒子(過去に在る概念)を認識できる。しかし素粒子→原子→分子は外界(未来)に在る生物という概念を認識できない。

仮に自動車レースがあるとする。レースカー(物質・物体)にとってはレースの始まる前は無い=レースの最中も無い=レースの終わった後も無い(自動車レースは人間という概念の内界に生まれ出た更なる概念)

 

そして人間はレースという概念の外界に在り、レースの始まる前から、レースの最中、レースの終わった後までも人間という意識の内界に認識することができる。

生物(今=内界=結果単位量=物質)は、表裏一体に、生物(今=外界=相互作用単位量=未来と虚空間)という到達すべき自己(単位意識量)の内界に、今に在る自己を認識できる。しかし人間(概念)を包括する更なる概念を知らず、人間は何のために在るかを知らない。そして人間は更なる概念(単位意識量)の内界に、物体(過去という概念)として認識される。

 

シュレーディンガーの猫素粒子という過去に在る概念は、生物という今に在る概念の内界に確定したものとしてある。しかし進化単位量に連続する宇宙は、すべての概念を内在し、ひとつのものという単位量に在る)
※宇宙
(到達すべき単位量=概念)の内界に、素粒子→原子→分子物体→生物に連続する単位量(概念)は同時に在り、しかしあらゆる進化単位量という違う次元(単位量=概念として在る。
※生物
(概念=次元)が生まれ出る前から宇宙(過去の次元=質量という概念=素粒子)は在る。そして生物は素粒子が進化に連続する内界に生まれ出た進化のひとつ。

【蓋のある箱の中に猫と放射性物質(ラジュウム)を一定量。そしてラジュウムが放出するアルファ波をガイガーカウンターが感知し、青酸ガスを放出する装置を入れる。1時間以内に原子核のアルファ破壊によりアルファ波を出す確率を50%とし、そして量子力学の確率解釈が猫の生死にまで影響を及ぼすとすれば、猫が生きている確率と死生んでいる確率は同じ50%という、生と死が1:1で重なりあっていると解釈しなければならない。しかし観測することのできない箱の中にあっても、猫の生死が重なりあっていることは奇妙な現象だ】

量子力学では素粒子は様々な状態が重なりあった状態で存在し、観測機器により素粒子を観測することで、いずれかに収束する。そして観測しなければ、素粒子は様々な状態に重なり合った状態と、いずれかに収束した状態が同時にあることが前提にあるようだ。
人間が観測する以前には放射線を発生した状態と発生しない状態とが重なり合い、検出器は放射性物質を感知した状態と感知しない状態とが重なり合い、青酸ガスは放出した状態と放出していない状態が重なり合い、同じ考え方の延長上に猫は死んでいる状態と生きている状態が重なり合っているとなる。
しかしラジュウム(過去に在る概念)と、猫(今に在る概念=人間と並行概念に在るもの)とは、進化単位量(次元)に在る位置(過去・今・未来)が違う。人間(過去という次元を内在する)の意識の内界に、猫と、ラジュウムは同時に存在しているように認識できる。そして猫とラジュウムを、ひとつの世界(あらゆる次元を、今だけとする=マクロ世界)で考えれば確率的に発生する放射性物質に猫の生死も確定していないとなる。しかしラジュウム(ミクロの世界=過去に在る概念)が放射性物質を発生した、または発生していないが確率的に重複しているとは、素粒子という過去の概念(次元)のみにある場合のこと。
そしてラジュウムが放射性物質を放出したか、しないかは確率的に重複しているとしても、猫(素粒子は猫という進化単位量の内界に在り、そして陽子の内界に確定している)の生死が確率的に重複しているという奇妙な現象は起こらない。

しかし単体にある物質を構成する素粒子は単位量の内界に在るすべての可能性に重複(量子)している。そして素粒子の外界に在る宇宙が単体に在るならば、それもひとつの量子(宇宙の内界に在るすべての可能性のに確定していない)であり、単位宇宙の内界にあるすべての在るものは可能性に重複している(猫の生死も重複している)

また素粒子は陽子の内界に結合(更なる概念に確定)し、しかしそれぞれの素粒子がどの方向に生まれ出るかは単位量の内界にある可能性に未確定(光の単位量に確定以前=静止する質量という概念=2次元面が、3次元に完結しようとする可能性の総体の内界=多世界)にある。そして過去の概念という、素粒子→原子→分子は、猫(生物=今に在る概念)に確定していても、猫(生物)という今に在る概念の未来は常に重複している。そして生物(猫)が、いつまで生きるか、いつ死ぬかは多世界の内界に重複している。