原理世界

                                                                 相対して一対(ひとつのもの)の内界に稼働する

  無量(無限に連続する分裂単位量=無限に生れ出る目的量に、表裏一体にある、無限に生れ出る未来と虚空間=無限に到達しない意識に確定しない結果量)に在る。
無量の内界に生れ出た、あらゆる原因(静止する分裂単位量=相互作用単位量=虚時間=未来と、表裏一体にある、演算量=虚速さの総体=虚空間、にあり静止する=始まり=無=今)と、表裏一体にある、あらゆる結果(相互作用結果単位量=到達した概念の認識=進化、にあり静止する=終わり=無=今)は、ひとつのもの(相対する、無で一対=同時の内界にある、すべての可能性のひとつに到達しようとする=宇宙)に在る。
あらゆる宇宙(原因=始まり、と表裏一体にある、終わり=結果で一対=ひとつのもの)の内界に生れ出る活動とは、増幅に連続する相互作用結果単位量(見かけ上の質量という速さ見かけ上の概念という進化自己という単位の内界に得た結果の総体を同時に認識する=今)と、表裏一体にある、減少に連続する未来と虚空間(到達していない自己の外界にある、演算子=目的量と、演算量=生まれ出るであろう質量という概念、以前を認識できない=今)という、ひとつのもの
(均等)の内界に生れ出る、歪(非対称に完結=今)の連続の積み重ねに在るもの(均等に到達しようとして稼働する)
あらゆる原因(相互作用単位量=均等=多世界=同時=量子)の内界に、生まれ出るであろう、あらゆる結果単位量(すべての可能性と同時にあり、ひとつの結果に収束しようとする)は、もう確定(宿命)にあり、生まれ出る時空間(重力=意識)とは変らないもの(概念の総量=自己=無=今)に到達しようとして変化(運命)し続ける。
 


[宇宙を稼働する根源的な動力とは、無限に連続する分裂単位量(得た相互作用単位量)にあり、あらゆる自己(過去の総体=今)は、相互作用の総量(未来と虚空間)に到達しようとするもの
無量
(あらゆる過去に完結した概念=到達したひとつのものの内界に更なる分裂単位量に連続する、相反して、あらゆる分裂単位量は、更なる次元の内界で稼働する=宇宙はパラレルワールドの連続の積み重ね)

無限に連続する分裂単位量は3次元に完結しようとする=あらゆる進化は同じ原理上に稼働する。
始まりの10という分裂単位量外界に連続するの、ひとつずつの内界には10という分裂単位量が在る。そしてあらゆる進化更なる概念は、外界と内界に、10の乗数次元に連続する。

無量(過去に完結した概念=結果単位量=ひとつのもの=更なる概念宇宙を生み出そうとする分裂単位量を内在する=真の物量)の内界に、始まりの分裂単位量(始まりの相互作用単位量)に在り、得た相互作用結果単位量という質量という概念(物質宇宙の根源という単位量に進化)として生まれ出る。そしてあらゆる進化単位量とは更なる分裂単位量(更なる相互作用単位量=更なる次元=更なる概念)の内界(パラレルワールド)に生まれ出ようとするもの。
あらゆる物体(今=無)は、到達した真の存在(今に完結=更なる相互作用単位量を有さず静止する)であり、表裏一体に、到達しようとする相互作用の総量(原因=真の存在)に還ろうとするもの。生まれ出た虚構の質量という概念の総体(物質宇宙=ひとつのもの)にあり、しかし表裏一体に、無量(更なる分裂単位量に連続する)という真の物量(ひとつのもの)に在る。
分裂単位量(真の物量=数量以前)の内界に相互作用単位量(虚数)が生まれ出る、表裏一体に、相互作用単位量に生まれ出た結果単位量(質量という概念=実数)にあり、しかし虚数(実体=目的=原因)からすれば、実数(結果=虚構の質量という概念)は虚数にある。

※無量(ひとつのもの)の内界に無限の分裂単位量に連続する。そしてあらゆる分裂単位量に得た相互作用結果単位量に収束(今=自己=到達していない相互作用量=意識)には、あらゆる方向に未来と虚空間が在り、表裏一体に、あらゆる方向に宇宙の始まりが在る。
※すべてが無いものに、すべてが在ることを否定するものもない。そしてすべてが無いことは、すべてが在ることと同じもの。無量(原因=無限に連続する分裂単位量=得た相互作用単位量=未来と虚空間)の内界に、結果(質量という概念の存在=更なる相互作用単位量に連続する=意識)が生まれ出て、すべてが無いことを思うのであれば、何も無い(無量=すべての宇宙を生み出そうとする、無限に連続する分裂単位量)は在るものとなる=宇宙は何もないところから生れ出たのではなく、無という在るもの(無量=真の物量)の内界に生れ出た。
※始まりの宇宙と、宇宙の終わりを考える者(あらゆる今という宇宙=有限に在る単位量の内界に生れ出た質量という概念の存在=始まりと終わりの内界に生れ出る意識)。すべては表裏一体(ひとつのもの)にあり存在となり、表裏一体に無いものは存在しない。そして始まりと終わりという一方方向のみで、始まりと終わりは存在せず、始まりという中間(目的量に、得ていない結果=静止する)にあり、相反して、今(分裂単位量の内界に在る、すべての可能性のひとつに生れ出たという、終わりという中間(消失した目的量に、得た結果量=静止する)。しかし無限に連続する分裂単位量(あらゆる今=宇宙)に終わりはなく、相反して、始まりもない。

次元(無限に増幅する分裂単位量=無限に増幅する光の単位の内界)
あらゆる連続する分裂単位量相互作用単位量の内界に生まれ出た、あらゆる自己単位量の総体目的宇宙=均等という中間に始まり、相反して、均等という中間に終わるが生み出す、あらゆる相互作用結果量事象に矛盾はないフラクタルの根源
あらゆる原因ひとつのもの=過去に完結した概念は、更なる分裂単位量の生み出す相互作用結果単位量1次元=あらゆる自己の前提→2次元=あらゆる始まりの自己に到達に生れ出て、自己の総量概念の総量=進化の総量=3次元に完結に到達しようとして稼働する。そしてあらゆる原因過去という概念=3次元に完結=ひとつのものは、表裏一体に、更なる概念3次元の総体=未来と虚空間の内界に在る連続の積み重ねエントロピーの根源
無量(ひとつのもの)が外界に10に分裂(1次元)すれば、分裂したそれぞれの、ひとつのものの内界にも10という分裂単位量(1次元に在る光の単位)がある。10に分裂が更なる外界に10に分裂(2次元)し100となれば、分裂したそれぞれの、ひとつのものの内界にも100という分裂単位量(2次元に在る光の単位)がある。100に分裂が更なる外界に10に分裂(3次元)し1000となれば、分裂したそれぞれの、ひとつのものの内界にも1000という分裂単位量(3次元に在る光の単位)がある。そしてあらゆる光の単位の内界と、表裏一体にある、宇宙(光の単位の総体)は同じシステム上に在る。
3次元に完結に生れ出た素粒子(質量という概念の始まりから終わりまで=3次元に在る光の単位)更なる分裂単位量に得た、原子→分子→物体→生物という更なる概念(進化=更なる次元)に連続し、あらゆる次元に在る光の単位(内界に増幅する分裂単位量=質量という概念の始まりから終わりまでは、表裏一体に、外界に同じ分裂単位量(宇宙)に在る。
そして
あらゆる次元に進化した素粒子(光の単位=質量という概念)の総体(同時=ひとつのもの=宇宙)の生み出す事象に矛盾は無い(宇宙はひとつの原理上に稼働する=あらゆる事象は根源的には同じもの)

 

[1次元~3次元に完結しようとする分裂単位量=相互作用の総量=物質宇宙以前光りの速さに到達した始まりの素粒子に完結しようとする=質量という概念の総量に生まれ出る=時空間の根源]

[1次元~3次元に完結しようとする分裂単位量に得た相互作用の総量=物質宇宙が始まる前の時空間:光りの速さに到達した始まりの素粒子に完結しようとする=質量という概念の総量に生まれ出る=物質宇宙に在る時空間の根源]
1次元に完結しようとする=始まりの10という分裂単位量に得た相互作用結果単位量=相互作用結果量の総体を内包する外殻=円=面を得る
始まりの1次元無量が10に分裂=得た相互作用単位量=虚時間=未来の総量=始まりの自己が、表裏一体にある、1次元の終わり演算量=虚速さ=虚空間の総量に到達=得た結果単位量=自己の終わりに到達し、更なる未来と虚空間(2次元)の内界に結果単位量質量という概念の前提として生まれ出る。

あらゆる自己は、到達すべき自己の内界に在る=あらゆる今に在る概念ひとつのものは、更なる概念ひとつのものの前提に在る。
相互作用結果単位量に生まれ出た線点の総体は、線を生み出そうとする演算世界では円相互作用を有する点の総体に在る。
ひとつのもののみ
(自己)があるとすれば、自己(ひとつのもの)の内界(同時)相互作用(あらゆる相対して一対)を有そうとする、他己(外界に在る自己の総体)は無く、静止し無いものと同じに在る(ひとつのものは、ひとつのものになれない)。そしてあらゆる宇宙を生み出す根源的な、1(自己=ひとつのもの=原因)があるとすれば、内界には10という自己の総体(始まりの10という分裂単位量=すべてが相対して一対に在る=始まりの相互作用量=10の10乗という数の組み合わせ)が同時にあり、表裏一体に、外界には10という他己の総体(始まりの10という分裂単位量=すべてが相対して一対に在る=始まりの相互作用量=10の10乗という数の組み合わせ)に在る。
始まりの光りの単位
(光りの速さに到達した始まりの素粒子に完結しようとする=ひとつのもの=3次元の総体)の内界に生まれ出た、1次元とは光りの単位(3つの次元の総体)の内界に得た一辺という10という分裂単位量の有する相互作用量(質量という概念の前提=分裂に生まれ出た過去に完結した概念)にある。
認識形態(3次元空間で捉えた場合)は直線であるが、発生形態は10という分裂単位量どうしが、外界に10という分裂単位量に得た相互作用を有する総体(同時=ひとつのもの=円)にあり、存在形態(演算世界)はループ状に連続する円(更なる虚空間の内界に相互作用結果単位量という面を得る)の総体に在る。

2次元面に完結しようとする=質量という概念の前提(1次元)が更なる10という分裂単位量に得た相互作用結果単位量=面の相互作用結果量を内包する外殻=空間を得る
始まりの2次元相互作用単位量=虚時間=未来の総量=始まりの自己が、表裏一体にある、2次元の終わり演算量=虚速さ=虚空間の総量=自己の終わりに到達し、更なる未来と虚空間の内界に結果単位量静止する質量という概念と、表裏一体にある、静止する虚空間=概念が稼働する時空間の始まる前として生まれ出る。

あらゆる進化とは2次元面更なる概念=始まりの自己に到達するに在る。
相互作用結果単位量に生まれ出た面は、面を生み出そうとする演算世界では球体相互作用を有する面の総体に在る。
静止する質量という概念の始まり(相互作用結果量の総体=外殻=球体=原因という過去に完結した概念が質量という更なる概念に進化)に到達する。しかし始まりの質量という概念(2次元面=相互作用結果量の総体=同時=内界に有する更なる分裂単位量に得る更なる相互作用量=更なる演算子=更なる虚時間=更なる未来=目的量)は静止する(3次元=質量という概念の総量に到達しようとする以前)にあり、表裏一体にある、演算量(インフレ―ション=虚速さ=虚空間)も静止するに在る。
2次元面
(静止する質量という概念)とは光りの単位(3つの次元の総体)の内界に得た質量という概念の前提(1次元)が、更に10に分裂する単位量に得た相互作用量(10の10乗という数の組み合わせ)を有した結果量の総体。
認識形態(3次元空間で捉えた場合)は、面
(質量という概念の前提という同じ概念の増幅量=並行宇宙)となり、発生形態は1次元というループ状に連続する円が螺旋状に円錐の底辺に生まれ出る
(2次元面とは奥行の世界)にあり、存在形態(演算世界)はループ状に連続する円が、直行する原理世界の最少角度に連続しながら増幅した球体(更なる虚空間の内界に相互作用結果単位量という外殻=空間を得る)に在る。

 

3次元に完結しようとする=質量という概念(2次元面)が更なる10という分裂単位量に得た相互作用結果単位量=距離の総体=同時=速さを得る
始まりの3次元相互作用単位量=虚時間=未来の総量=始まりの自己が、表裏一体にある、3次元の終わり演算量=虚速さ=虚空間の総量=自己の終わりに到達し、更なる未来と虚空間の内界に結果単位量単位の内界にある、質量という概念の総量を得て、相反して、すべての未来と虚空間を失う=光の速さに到達した素粒子として生まれ出る。
宇宙を稼働する時空間の根源という光りの単位質量という概念の始まりから終わりまでを内界に有し、相反して、外界に連続する原子→分子→物体→生物という更なる概念単位量に進化する。
あらゆる進化(更なる概念)に連続しようとも、光の単位分裂単位量に得た相互作用単位量という同じ原理世界上に稼働する。
相互作用結果単位量の内界に生まれ出た質量という概念の総量を生み出そうとする演算世界では、距離虚距離の内界に得た距離=分裂に連続する質量という概念の総体=見かけ上の質量に在る重力=時空間の根源
到達した概念2次元面=進化=得た空間世界が3次元に完結しようとして連続する時空間。生物の感じる3次元とは2次元面の連続、そして生物の稼働する3次元とは4次元更なる概念の前提の内界に在る。
3次元に完結(光の速さに到達した素粒子)とは光りの単位(3つの次元の総体)の内界に得た最後の一辺の増幅に完了したもの。静止する質量という概念(2次元面)が更に10に分裂に得た相互作用量(10の10乗という数の組み合わせ)を有した結果量総体(連続する質量という概念の総体=見かけ上の質量の総量、と表裏一体にある、消失した未来と虚空間の総量=重力・時空間の総量に完結)にあり、更なる次元という物質宇宙(原子→分子→物体→生物)に生まれ出る、すべての事象に共通する前提単位
物質宇宙には、物質宇宙を生み出そうとする前提
(過去に完結した概念=無量=質量という概念以前)があり、物質宇宙に生まれ出る、あらゆる次元の前提には、始まりの10に分裂(無量が10に分裂する=あらゆる次元は10の乗数に連続する)。そして3次元世界は4次元世界の内界に稼働する(過去という概念に完結した次元を内在する)
認識形態(3次元空間で捉えた場合)は連続する質量という、見かけ上の質量=同時=速
の根源であり、発生形態は円錐の底辺に到達した螺旋状に連続する質量という概念の前提の総体という2次元面が、相反する、目的=原因(始まり=円錐の頂点)に還ろうとし、2次元面が連続(虚空間の内界に生まれ出る)するという二重螺旋(1次元から2次元に連続する、相反して、2次元から3次元に連続する)。存在形態(演算世界)は、静止する質量という概念(相互作用結果量=内界に更なる相互作用量を有する)が外界(演算量=虚速さ=虚空間)に生まれ出て相互作用結果量を分散(分裂)し、収束した質量(増幅に連続する相互作用量)が連続する総体に在る。
※あらゆる見かけ上の質量(今)は、光の単位の内界に得た質量という概念の総体(光りの単位の内界に在る過去の総体)と同時にあり、外界に連続するあらゆる進化単位量(今)は、宇宙(単位)の内界に生まれ出た、あらゆる過去と同時になければ積み重ねられない(過去と同時になければ今は無い、表裏一体に、未来と同時になければ今は稼働しない)
※あらゆる存在するものは相互作用単位量(ひとつのもの)に在る。直線は一点が分裂に生れ出た相互作用を有する点の総体という円であり→面は円の更なる分裂に生れ出た球体であり→距離(速さ)は更なる分裂に連続する球体であり、連続する球体の総体(ひとつのもの)とは相互作用単位量という球体(量子=単位の内界に在るすべての可能性のひとつに生れ出る)
そして、直線=面=球体=物理的な力に得た距離
(速さ)=速さに得た更なる相互作用単位量(進化)=宇宙。あらゆる存在するものとは相互作用単位量(ひとつのもの)という同じもの(ひとつの原理)にある(生れた出たあらゆる相互作用結果単位量=進化と、表裏一体にある、あらゆる進化を生み出そうとする分裂単位量=原因で一対という、ひとつのものに在る)


[3次元に完結しようとする光の単位の内界=原子→分子→物体→生物に進化しようとする物質宇宙の活動の根源]

宇宙を稼働(相互作用単位量)するエネルギーの根源は分裂単位量に在る。
あらゆる光りの単位質量という概念の始まりから終わりまで=光の速さに到達しようとする素粒子は、あらゆるひとつに収束進化と、表裏一体に、あらゆる分裂の総体多世界=更なる相互作用単位量=増幅する可能性=増大する未来と虚空間に生まれ出ようとする。
光の単位(分裂単位量=相互作用単位量=同時=静止する未来と静止する虚空間)の内界に、増幅に連続する結果単位量(得た時間と空間=あらゆる見かけ上の質量=今)と、相反する、減少に連続する未結果量(演算子=虚時間=未来=目的量と、表裏一体にある、演算量=虚速さ=虚空間=存在量、という到達していない相互作用量=結果以前・質量という概念以前・数量以前=均等=同時=今)の生み出す、相反する結果量の増減の間(歪=認識=あらゆる今)には、収束に連続する、あらゆる見かけ上の質量(素粒子)の内界に増幅に連続する相互作用単位量が在り、表裏一体に、外界に分裂する素粒子の総体という増幅に連続する相互作用単位量(相互作用の総量に到達しようとする=エネルギー)に在る。
そしてあらゆる宇宙(ひとつのものに在ろうとする=進化)は、表裏一体に、あらゆる多世界(増幅に連続する未来=虚時間と、増幅に連続する存在=虚空間)に連続する。
※あらゆるひとつのものは稼働しない、相反して、あらゆる相対して一対に稼働する(相互作用量の総量に到達しようとする=重力・時空間・意識を得る)。あらゆる宇宙(内界)もひとつのものでは稼働しない、相反して、外界に得た多世界(パラレルワールド)に相互作用を有し稼働する。しかしあらゆる宇宙の総体(多世界=パラレルワールド)も、ひとつのもの(普遍)

光りの単位の内界1:質量という概念の始まりから終わりまで原因=ひとつのものに始まり、相互作用結果単位量=ひとつのものに終わる=何も増えず、何も減らない
光の単位(質量という概念の始まりから終わりまで)の相互作用を有する総体が宇宙空間。あらゆる光の単位の内界は、あらゆる見かけ上の質量と、表裏一体にある、あらゆる虚空間量に同時に確定(光の単位に完結)し、光りの単位の完結の連続の積み重ねに物質宇宙の活動(速さの世界)がある。
原子→分子→物体→生物は、光の単位
(質量の始まりから終わりまで=重力=時空間)を内界(前提)に有し、光の単位の完結の連続の積み重ねという、外界に連続する時空間(今の宇宙という概念に完結しようとする=相互作用単位量)に稼働する。
光りの速さに到達した始まりの素粒子
(質量という概念の総量)に完結すると同時に、3次元に到達するための分裂単位量(相互作用単位量)の数(光の速さに到達した素粒子の総体)に増幅している。そしてあらゆる相対して一対に在る素粒子は陽子の内界に静止し、光りの速さに還れず重力に結合し、相反して、光の速さに還ろうとして減少に連続する重力(あらゆる見かけ上の質量に生れ出る=距離の根源=速さの根源)に稼働(時空間)する。あらゆる未来と虚空間は重力(相互作用量=始まりにある均等から、相反して、終わりにある更なる均等=始まりの中間から、相反して、終わりにある更なる中間に到達しようとする)に稼働し、しかしあらゆる素粒子は光の速さに到達しない(光の速さに還ろうとして、しかし光りの速さに到達できず稼働する)
物質が速さを有する
(光りの単位の内界に連続する質量という概念の総体=同時=見かけ上の質量に収束=今)と思えることも、あらゆる進化(光りの単位の外界に連続する更なる相互作用を有する質量という概念の総体=同時=機能という形に収束=世界観=今)するものも、設定量(分裂単位量=概念量と、表裏一体にある、演算量で一対=同時)が前提にあり、仮に今の宇宙が、真にひとつのもの(内部構造を有さない)とすれば、すべては同時にあり、虚時間(単位)と虚距離(単位)はなく、そして得ようとする、時間と空間=質量という概念(単位)も生まれ出ず宇宙は稼動(存在)しない(ひとつという宇宙の中に物質が在るのではない)
※光の単位の内界は何も増えず、なにも減らず稼働する。そして光の単位の相互作用を有する総体
(同時)という宇宙も何も増えず、なにも減らずに稼働する。そしてあらゆる事象に増減がある、しかし増減とは、相対して一対(表裏一体=相反する同じもの)という同時(ひとつのもの)の内界に在るもの。
※光りの速さに到達した始まりの素粒子の内界に、膨張空間は体積(演算子の相互作用結果量=粒子、と表裏一体にある、演算の稼働結果量=粒子、で一対=反粒子)に在り、陽子の内界に結合し、更なる相互作用量(質量という概念の始まりから終わりまで=重力=時空間)を積み重ね、光りの単位の内界に、あらゆる見かけ上の質量
(素粒子)に在り、表裏一体に、反粒子(素粒子の体積)は外界という膨張空間に連続する。
光りの単位の内界(質量という概念の始まりから終わりまで=原理世界の最少角度に連続する相対する普遍の虚距離の総体=単位の内界にある、すべての可能性=多世界)に、不確定原理(見かけ上の質量と虚空間に未確定=認識されない)が在り、始まりの素粒子に完結(質量という概念の総量という光りの速さに到達し、未来と虚空間を消失する=3次元に完結)し、更なる外界(陽子の内界に結合という原子→分子→物体→生物以降=認識宇宙=物質宇宙の活動)に不確定性原理は無い。
しかし始まりの
素粒子に到達するための質量という概念の総量
(物質宇宙を生み出そうとする根源)は、陽子の内界に静止し、相反して、物質宇宙を稼働するための質量という概念の総量に到達しようとしている(物質宇宙にある重力・時空間の根源)。そして光の単位の完結(得た質量という概念と、相反する、消失する未来と虚空間に確定)の連続の積み重ねにある宇宙とは、光の単位に未確定(不確定原理=得た質量という概念と、相反する、消失する未来と虚空間に確定しようとする)が前提に在る。


光りの単位の内界2:見かけ上の質量と虚空間に確定する自己の内界=静止する質量という概念が、自己の外界=未来と虚空間に相互作用結果単位量を分散=分裂する
速さを有して物体と空間が縮むとは、光りの単位虚距離の総体=同時の内界に得た距離見かけ上の質量=連続する質量の総体を得るために、静止する質量という概念自己=内界が、自己の外界虚空間に分散分裂し、表裏一体にある、虚速さ虚空間が収束すること。

あらゆる物理的な力は目的量今に在る均等から、更なる均等に到達しようとするの内界に稼働する。
静止する質量という概念は見かけ上の質量という収束に連続しようとする
(2次元面=最小の相互作用結果単位量=最大の大きさ=最小の動かし難さ=光の単位の始まりという中心に位置する=更なる分裂単位量に連続する=内界に更なる相互作用量=更なる虚時間=更なる未来を得る)にあり、表裏一体に、外界に収束に連続しようとする虚空間(更なる演算量=更なる虚速さ=更なる虚空間)と同時に在る。
そして速さの総量
(虚距離の内界に得た質量の連続の総体=距離の総体=見かけ上の質量の総量=最大の相互作用結果単位量最少の大きさの連続の総体=最大の動かし難さ=光の単位の終わり)
に到達し、光りの単位の内界に在った、未来相互作用単位量=虚時間)と、表裏一体にある、虚空間(演算量=虚速さ)は消失する。
あらゆる単位
(原子という概念→分子という概念→物体という概念→生物という概念→更なる概念)は、始まりの概念(質量という概念の総量=光りの速さに到達した素粒子=進化に完結しようとする)と同じ原理上に稼働するもの。
すべては目的量
(進化=原因)の内界に稼働(連続する結果単位量)する→速さに得た更なる相互作用結果単位量(結合)は進化(更なる概念)に連続する→光の単位の完結の連続に速さを得る→光りの単位(虚距離)の内界に距離を得る(見かけ上の質量)重力(今に在る均等=中間に、相反して、更なる均等=中間に到達しようとする)に稼働する→相互作用単位量(未来と虚空間の総量)という原因(分裂単位量)に還ろうとすること。

※速さ
(増幅に連続する見かけ上の質量と、表裏一体にある、減少に連続する虚空間量に確定=光の単位の完結の連続の積み重ね)という物理的な事象も、進化(相互作用を有する概念の総体=同時=見かけ上の概念の連続の積み重ね)という世界観も同じ原理上に稼働する。すべては進化(2次元面=更なる概念に生まれ出る)に到達した静止する概念が、速さ(2次元面の連続の積み重ね)に得た、進化の総量(3次元に完結)に到達し、更なる相互作用単位量(更なる可能性=更なる多世界=極小の概念と、表裏一体にある、極大の未来と虚空間)に連続しようとするもの。


[3次元に完結以降:原子→分子→物体→生物に進化しようとする光の単位=3次元に完結しようとする光の単位と相反する同じもの]
重力1:相反する光の単位(質量という概念の総量に到達しようとする相互作用単位量という重力に稼働する=光の速さに到達した素粒子=未来と虚空間の消失に完結し、相反する世界で、質量という概念の総量に還ろうとする=物質宇宙に在る、相互作用単位量・重力・時空間の根源
3次元に完結質量という概念の総量に完結=物質宇宙が稼働する前提というエネルギー=重力を得る、相反して、4次元以降重力=エネルギーを放出する=あらゆる見かけ上の質量に生れ出て距離・速さの世界に稼働する
物質宇宙にある光の速さに到達することは、得ていた光の速さを失うことに在る=物質宇宙に静止するとは光の速さに還ろうとするエネルギーを内界に有している。
質量という概念物質=物体=生物の感じる重力とは、過去に完結した概念宇宙ひとつのもの=無量が、更なる分裂単位量更なる相互作用量の内界に今という宇宙の前提という光の速さに到達した素粒子に完結質量という概念の総量しようとして得た重力と、相反する重力に在る。
光りの速さに到達した始まりの素粒子(3次元に完結=質量という概念の総量の到達する=過去に完結した概念が稼働する=物質宇宙以前にある重力)に完結すると同時に、更なる10に分裂に生まれ出る相互作用量(10の10乗)という数に増幅している。生まれ出た素粒子のすべてが光の速さに到達し静止する(見かけ上の質量の総量に到達し、相反して、未来と虚空間を消失する)に在り、しかし光の単位の完結の連続の積み重ね(4次元の内界)に、すべての素粒子は光の速さで移動する。
そして得た速さに、あらゆる相対する素粒子は結合(始まりの原子に進化=陽子の内界に生まれ出る=5次元)し、相対して一対に在る素粒子は光の速さを失い静止する。光りの速さ(3次元の総体=質量という概念の総量=エネルギー)を得て、しかし陽子の内界にあり静止し光りの速さに還れない、そしてあらゆる相対する原子の相互作用量に陽子の内界に在る素粒子は光の単位(自己)の内界に、見かけ上の質量と、表裏一体にある、虚空間量に確定の連続の積み重ねにある(今という宇宙に生まれ出た概念が稼働する=物質宇宙に在る重力の根源=得ていたエネルギーを失おうとして稼働する)
あらゆる陽子(始まりの原子)は更なる進化(元素の総量)に生まれ出ようとする相互作用単位量(始まりの原子の総体=同時=均等=中間=目的量)の内界にあり、あらゆる始まりの原子は光の速さに還ろうとして稼働する(6次元以降=更なる相互作用量に結合=元素→分子→物体→生物の種類と数の総量に収束=進化)
しかし物質宇宙に稼働する、あらゆる素粒子は光りの速さに還ろうとして、しかし光の速さに到達しない世界(重力を消失しない=歪)に在り、更なる相互作用結果単位量という外界に進化する
※あらゆる質量という概念(原子→分子→物体→生物)は得ていた重力を失おうとすることに稼働する。そしてあらゆる事象は結果に向かうのではなく原因(目的量)に還ろうとして生まれ出る連続の積み重ねに在る。
※レバーを引いてエネルギーを得て、相反して、エネルギーを消失しようとしてボールをはじく(エネルギーの総量という均等から、相反する、エネルギーを有さないという均等の内界に稼働する=ピンボール)、また弓を弾いてエネルギーを得て、相反して、エネルギーを消失しようとして矢を射るも同じ世界に稼働する。共に相反する世界で一対(ひとつのもの)。そして素粒子は速さを得て重力は減少し、相反して、質量は増幅し、表裏一体に、速さを失い重力は増幅し、相反して、質量は減少する(相反するもので一対=ひとつのもの)。しかしあらゆる素粒子が光りの速さの内界に在る限り無限のエネルギーの世界に稼働する。それは無限に連続する分裂単位量(相互作用単位量=重力=時空間)に連続しているから(無限とは無限に在らず、更なる分裂単位量という今に連続するもの=あらゆる今に相反する世界が稼働する)
※光の速さに到達せず、重力の内界にあり進化(更なる相互作用単位量)に連続する、相反して、光の速さに到達し消失した重力にあらゆる進化は消失(分解)する。

[同時の内界:多世界=原理世界の最少角度に連続する、相対する普遍の虚距離の総体=単位の内界にある、すべての可能性]
原理世界に斜めはない相対する確定点の相対的な違いの連続の積み重ねに斜めがあると思える、
あらゆる光りの単位の内界に得た見かけ上の質量は斜めに進まない。しかし宇宙相互作用を有する光りの単位の総体は、それぞれの光の単位が別のものという多世界重複宇宙に在る。
あらゆる物体を構成する最少単位という素粒子(光の単位)の内界には質量という概念の始まりから終わりまでという相互作用単位量(演算システム=重力・時空間の根源)があり、あらゆる事象を生み出そうとする光の単位の相互作用を有する総体という宇宙空間もまた分裂単位量に生まれ出た演算システム(相互作用単位量)に稼働する(光の単位とは分裂単位量=相互作用単位量=次元であり、次元が増すほど光の単位の内界は更なる分裂単位量に在り、表裏一体に、外界に同じ分裂単位量に在る)
仮に原理世界(光りの単位の内界=相互作用量の総体=同時)が演算結果量(到達すべき見かけ上の質量)の粒、三粒分(分裂単位量に得た相互作用単位量)という虚距離(虚速さ=未結果量)を有していたと仮定する。そして一粒分先の未結果量の粒に移動(結果量)したとする。すると一粒分の前方と後方と左右に直進、及び4方向に45°という一粒分の移動という方向にしか進めない。それは原理世界を三粒分の演算世界という大きさに仮定しているから。
仮に原理世界が五粒分の未結果量(演算量)を有していたとすれば、更なる虚距離(同時=速さ)と角度(斜め)の粒に結果できるようになる(原理世界に角度と速さが増えた)。目的(演算子=虚時間=未来)と、表裏一体にある、存在(演算量=虚速さ=虚空間)という未結果量(単位の内界に在る、すべての可能性)の数が多ければ多いほど生まれ出る結果位置は無限に多くなり、存ると思える角度は無限に小さなものになっていく。そしてあらゆる生まれ出るであろう結果量は、単位の内界に在るすべての可能性(多世界)のひとつに生まれ出ようとし、今に在る位置からの直線の虚距離に直行した虚距離という点に結果する。
無数の生物や物体が、あらゆる方向に進んでいる。仮に一人の人間が前方に進み、もう一人の人間が45度の角度に進んだとしたら。当人同士で見れば、どちらも人間も前方に進み、また他者は45度の方向に進んだことになる。そして両者は違う方向に進み、同じ速さ(見かけ上の質量に収束=今)の分だけ、表裏一体にある、虚空間量は減少する。それは違う方向に進んでも共に前方に直進するということであり、どちらも斜めには向かっていないことになる。
とすると原理世界には角度(未結果量の総体=同時という単位量の内界に生まれ出た直線の距離と直行する距離という点に生まれ出る)はあっても、過去に在った質量という概念の位置と、新たに生まれ出た今に在る質量という概念の位置を結ぶ線(斜め)という考えはないということになる。そしてそれぞれの自己(結果単位量)は、今に在る結果位置と次に生まれ出る結果位置に連続するを認識し、相対するもの(質量という概念の認識)との連続する結果位置の相対的な違いに斜めがあると思えるもの。
※なぜあらゆる物体(物質)が、あらゆる角度という斜めと思える方向に進めるのか。すべての自己(光りの単位の内界に在る素粒子)は、すべての他己(光りの単位の内界に在る素粒子)と同時(ひとつ=宇宙)にあり、しかし同時に別々(ひとつずつの宇宙)にある(あらゆる自己という内宇宙と、表裏一体にある、あらゆる他者の総体という外宇宙は同じ原理上に在る=同じもの=ひとつのもの)
そして宇宙空間
(すべての光の単位を包括する演算システム)は素粒子の数の分だけ重複(別々にあり、しかし相互作用を有する総体)するという、ひとつ(同時)に在るもの(光の単位=原理世界に斜めは無く、相反して、光の単位の相互作用を有する総体=多世界の総体に、違う世界との相対的な違いに斜めは在る)

※原理世界に曲線は無い。円の始まりは三角形であり、到達すべき真円は最大の多角形(原理世界の最少角度に連続する三角形の総体)に在り、更なる分裂単位量(原理世界)には更なる真円(原理世界の最少角度に連続する三角形の総体)が在る。そしてあらゆる形は、相対する三角形の総体(同時=ひとつのもの)に在る。

単位(ひとつのもの=均等の内界にある膨張と収縮あらゆる事象=ひとつのものを生み出す背景には、相反する増減がある
あらゆる単位
(同時)の内界に在る、あらゆる今(認識)とは、稼働した相互作用量(増幅=膨張=過去の総体)と同時に在り、相反して、あったはずの相互作用量(虚時間=未来)は減少(収縮)すると同時に在り、表裏一体にある、あらゆる今(存在)とは、稼働した演算量(増幅=膨張宇宙空間=過去の総体)と同時に在り、相反して、あったはずの演算量(虚速さ=虚空間)は減少(収縮)すると同時に在る。
しかし到達した相互作用結果単位量
(今)に意識を置けば、更なる分裂単位量に連続し続ける原理世界に在り。減少したはずの相互作用量は内界に更なる相互作用量(虚時間=未来)を有し、そして減少したはずの演算量(今)は内界に更なる演算量(虚速さ=虚空間)に増大している。
※あらゆる単位(ひとつのもの)には、殻(相互作用結果単位量を内包する)と、表裏一体にある、殻(外界に在る更なる相互作用単位量)がある。そして素粒子(相互作用結果単位量=質量という概念を内包する=殻)には、相反して、外界に連続する相互作用単位量(陽子=殻)があり、陽子(相互作用結果単位量を内包する=殻)には、相反して、外界に連続する相互作用単位量(原子核=殻)があり、原子核(相互作用結果単位量を内包する=殻)には、相反して、外界に連続する相互作用単位量(分子=殻)があり、分子(相互作用結果単位量を内包する=殻)には、相反して、外界に連続する、細胞(外界=殻)があり、細胞(相互作用結果単位量を内包する=殻)には、相反して、外界に連続する、生物(外界=殻)が在る。
そして生物の外界にある膨張宇宙空間
(宇宙という単位の内界に稼働した演算量=質量が稼働した結果世界)という、殻(宇宙の果て)の外界とは、質量の生まれ出ていない場所という、更なる相互作用単位量を内包する殻(宇宙という概念=ひとつのもの=今)内界に在るもの。

 

単位(ひとつのものの内界にある均等と収束あらゆる宇宙は、相反する結果量が同時に稼働している
物質宇宙の始まりに在った素粒子の総体(均等=3次元に完結)は、表裏一体(同時)に、原子の前提として在り、原子の数の総量に収束(相互作用結果量)される→原子の総体(均等=6次元に完結)は、表裏一体(同時)に、分子の前提として在り、分子の数の総量に収束(相互作用結果量)される。相反して、素粒子の種類に増幅(相互作用結果量)し→元素の種類に増幅(相互作用結果量)し→分子の種類に増幅(相互作用結果量)する。そして物体→生物→更なる概念という数に収束し、相反して、種類に増幅する。

原子の始まりが水素(一番小さな結果量=軽い)という単一な元素の総体(均等)に始まるとすれば、水素どうし(平行宇宙)が相互作用を有した結果という更なる概念に収束しヘリュウム(更なる結果得量=重くなる=水素原子の総量より少なく在る)となる。その連続を積み重ねに到達すべき一番重い元素(一番大きな結果得量=最少の数)に収束しようとする。一番軽い原子から一番重い元素の数は始まりから確定されており、そして宇宙に存在するものの、すべては単位の内界にある相互作用結果量(設定世界=演算機能)そのものにある。

 

単位ひとつのものの内界にあり、すべては加速度的に結果する相互作用結果量の総体という単位が、更なる単位どうしの相互作用量を有そうとする連続の積み重ね
始まりの10に分裂に生まれ出る相互作用単位量質量の前提=1次元)→質量の前提が10に分裂に生まれ出る相互作用単位量(質量という概念=2次元)→質量という概念が10に分裂に生まれ出る相互作単位用(光りの速さに到達した素粒子=3次元)に完結する。
生まれ出た結果量を3次元(認識形態=数量の世界)で表すとすれば、相互作用を有する10に分裂した立方体という直線に並び(1次元)、次に10X10という幅に分裂(2次元)となり、相反する、残りの900という分裂量が表裏一体(同時)に在る(静止する質量という概念と、表裏一体にある、静止する演算量。そして更なる相互作用量に得た結果量の、すべてが相互作用を有するという加速度的な結果量を積み重ねる。
光りの単位の内界に進化単位量(1次元~3次元)があり、相反して、光の単位の外界にも進化単位量(4次元~6次元→7次元~9次元→更なる3次元の総体に連続する)がある。そしてあらゆる進化単位量(あらゆる3次元の総体=同時)は、更なる進化単位量に到達しようとする加速度的に増幅する相互作用単位量に稼働する。
質量とは物体の動かし難さや、重さの度合いを表す量のことらしい。素粒子、又は素粒子を前提の構成される物体が光速に近づくと、見かけ上の質量が増し動かし難くなるため、素粒子、又は素粒子を前提の構成される物体は光速を超えないと記載されているものもある。
物体が速さを有して質量が増すとは結果量が増幅することであり同じ割合で速さを増すごとに結果量は加速度的に増加する。そして質量が増え物体が動かし難くなるため光の速さを超えないということは、光の単位の内界にある相互作用単位量(設定量)に到達(質量という概念の総量に到達し光の速さを有し静止する)したこと。そして素粒子(光の単位)を前提に構成される、あらゆる存在(質量という概念)するものは同じ原理上に稼働している。
大気の温度が上がり、氷が解け地表が現れ、太陽熱を蓄積し更なる温暖化に加速する。あらゆるものが相乗効果という加速的な結果量にあり、その結果を、ひとつのものとして認識できる人間(意識のある位置)は温暖化が加速度的に進むと思える。しかし温暖化という事象を生み出そうとする、ひとつずつという結果量に意識を置けば加速度的に進む温暖化という事象は認識できず均等のひとつに在る。
また膨張宇宙空間
(ひとつのもの)の内界に稼働する人間(意識)は約135億年とする宇宙の年齢を均等に加算(一定)される時間の経過と感じる。しかし膨張宇宙空間の外界にある意識からすれば、得た結果単位量の更なる相互作用単位量(乗数=加速度的)の連続を認識する。
素粒子は陽子の内界に在り、しかし素粒子
(自己)が到達しようとする原子を見ることはできない。 原子は分子の内界に在り、しかし原子(自己)が到達しようとする分子を見ることはできない。 分子は細胞の内界に在り、しかし分子(自己)が到達しようとする細胞を見ることはできない。細胞は、あらゆる臓器の内界に在り、しかし細胞(自己)は到達しようとする臓器を見ることができない。あらゆる臓器は生物の内界に在り、しかしあらゆる臓器(自己)が到達しようとする生物を見ることはできない。そして人間(生物)は未来と虚空間(到達すべき宇宙=ひとつのもの)の内界にあり、人間(自己)が到達しようとする宇宙を見ることはできない。
あらゆる自己
(概念=到達すべき、ひとつのもの)の内界に在るものは、自己という真の姿(存在理由)を見ることはできない。そして人間には時間の経過も速さも距離も、自己の置かれた位置(今ある概念)からしかわからない。しかしすべては、過去・現在・未来に生まれ出る、あらゆる相互作用単位量(到達すべき概念=進化位置)の相対的な違い(意識の置かれた位置)にあり、ひとつの尺度(一定)にはない。

※あらゆる分裂単位量(相互作用単位量=目的量と、相反する、結果単位量が表裏一体という同時に在る)は、更なる分裂単位量(更なる次元)からすれば、得た結果量の増幅に連続し、相反して、消失に連続する目的量に在る。しかし今に在る分裂単位量の内界は更なる分裂単位量に連続するにあり、得た結果量に連続し、相反して、消失に連続する目的量に在ると同時に、更なる分裂単位量に増幅した目的量と、相反する、増幅する結果単位量にも連続している。
※あらゆる単位(目的量)の内界に加速度的に結果単位量が増幅するとは、意識(あらゆる見かけ上の質量、と表裏一体にある未来と虚空間に確定=光の単位に完結→光の単位の完結の連続の積み重ね→あらゆる速さに生まれ出る→あらゆる更なる相互作用単位量に結合→進化)の根源。

 

今ある次元(概念)は更なる次元(概念)の内界で稼働する(今=分裂単位量の内界にある、相互作用単位量と同時にある演算量=虚速さは、過去=分裂単位量の内界にある、相互作用単位量と同時にある演算量=虚速さより、速く=多くあり、相反して、未来=分裂単位量の内界にある、相互作用単位量と同時にある演算量=虚速さより、遅く=少なく在る
あらゆる存在するものは単位量ひとつのものに在る。あらゆる単位量は過去に在る単位量を内界ひとつのものに有し、相反して、未来にある単位量の内界に、ひとつのものとして在る=更なる相互作用結果単位量に生まれ出る更なる概念=ひとつのもの=進化
生物という概念は、光の単位質量という概念の始まりから終わりまで=光りの速さ=過去に在る概念より速く在り、光の速さを自己到達すべき概念=意識の内界に認識できる、相反して、人間生物→物体→分子→原子が稼働する重力・時空間は、光の単位の内界素粒子=質量という概念の始まりから終わりまでに在る光の速さに到達していない、あらゆる素粒子=光の方が速い
原子という概念に完結しようとする(相互作用量と同時にある演算量=虚速さ)は、素粒子(光の単位=質量という概念に完結しようとする=相互作用量と同時にある演算量=虚速さ)の外界(相対的にある違い)に速くあり、相反して、分子という概念の総量に完結しようとする(相互作用量と同時にある演算量=虚速さ)の内界(相対的にある違い)に遅くある。そしてあらゆる概念(単位量)は相互作用量の相対的な違いに、速くあり、表裏一体に、遅くある。
素粒子(概念=1~3次元の総体)と、原子(概念=4~6次元の総体)と、分子(概念=7~9次元の総体)という時空間(相互作用単位量=重力)を内界に有し、更なる概念に生まれ出た生物(生物という概念にある相互作用単位量=連続するもの、という意識)は、光の単位(小さな相互作用単位量)の完結(同時=虚速さの総体)の連続の積み重ねという外界に在り、光の速さを認識(意識)できる(光の相互作用単位量より生物の相互作用単位量の方が多くあり、そして速い)
すべては相対するもので一対(相対的な違い)にあり、生物の内界(分子→原子→素粒子という過去にある概念に完結した意識)を、生物という概念の外界(未来)に連続する意識の置かれた位置(生物という概念の総量に到達しようとする)のみでは説明はできない。

※光の単位(質量という概念の始まりから終わりまで=重力=時空間の根源=光の速さに到達した素粒子に完結しようとする)を前提に構成される、原子→分子→物体→生物。人間は光りの単位(虚速さ=同時)の外界に在る概念(更なる相互作用量)に生まれ出た。
光より速い存在
(進化単位量=生物)は、自己より遅い光りの単位の完結(生物という概念の内界)の連続の積み重ねという、光りの速さを認識することができる。相反して、素粒子を前提に構成される人間は光の単位の完結(質量という概念の総量に到達しようとする=重力=時空間、に得た、見かけ上の質量に連続する、と表裏一体にある、消失する未来と虚空間に連続する=歪=今に確定)の連続の積み重ねに、光りの単位の外界に速さを得て、更なる相互作用単位量という進化に連続するに在るもの。

 


虚時間は均等に在り静止する
(均等=相互作用単位量=到達すべき意識の内界に生まれ出た、歪=自己=認識=連続する今、に時間は流れると思える)
あらゆる10に連続する分裂単位量は、外界に10に分裂10の10乗と、表裏一体に、内界に10に分裂10の10乗という、相互作用単位量分裂単位宇宙に在る静止する虚時間に連続する。
単位量=到達すべき概念=すでに在る虚時間と虚空間=意識の総量=静止するの内界に、今単位量=到達した質量という概念の認識=変化する意識が流れる。
宇宙
(ひとつのもの=自己)の内界に無限に連続する、あらゆる分裂単位量(内界に得た相互作用単位量=演算子=虚時間=未来と、表裏一体にある、演算量=虚速さ=虚空間)は静止している(原因と、表裏一体に、生まれ出るであろう結果が同時に在る)
宇宙
(ひとつのもの)の内界に生まれ出た、あらゆるひとつのもの(素粒子→原子→分子→物体→生物)という、今(得た時間と空間=進化に連続する質量という概念=静止する過去の総体)には、自己(意識=今)の内界に未来(更なる相互作用単位量=静止する虚時間)があり、表裏一体に、自己(物質=今)の外界に虚空間(更なる演算量=静止する虚速さ)がある。
あらゆる今
(未来と虚空間)は静止(均等)し、表裏一体にある、更なる今(増幅に連続する、得た時間と空間=見かけ上の質量・見かけ上の概念、と表裏一体にある、減少に連続する虚時間と虚空間に確定=歪=自己=意識)に連続しようとして時間は流れると思える。

あらゆるひとつのもの
(同時=あらゆる宇宙)に意識を置けば時間は流れず、相反して、あらゆる同時(ひとつのもの)の内界にある相互作用結果単位量の連続の積み重ねの、ひとつずつに意識を置けば時間は流れるものと思える。そして光の単位の完結(生物の一番短い時間=同時)に時間は流れず、相反して、光の単位の内界に完結しようとして時間(重力=時空間の根源)は流れる。
※あらゆる今という宇宙の外界に在る意識は、静止する虚時間(均等)の内界に、あらゆる意識(更なる相互作用単位量という進化に連続する=素粒子→原子→分子→物体→生物→更なる概念、というあらゆる自己)が流れるを見る。

 

 

まことに単純な考え方でありますが、何の根拠もない想像の世界。しかし何も無い(すべてが在った)から、相反して、すべてが在る(何も無かった)という世界だと仮定してもどうにか稼動しそうです。あらゆる事象は、たったひとつの原理に生まれ出る。専門知識は無いので日常の言葉で宇宙に生まれ出る事象について考えてみることにします。