進化宇宙発生

        

あらゆる進化(宇宙)は、あらゆる3次元(到達すべき概念ひとつのもの)に完結しようとして稼働する

=あらゆる宇宙の終わりには、表裏一体に、あらゆる宇宙の始まりが同時に在る

宇宙は、(何もない)から発生したのではなく、無量(ひとつのもの=過去という概念に完結=物質宇宙に生れ出た、新たな質量という概念の存在からすれば、見ることも・触ることも・観測することもできないもの=無いものと同じに在る=真の物量)の内界に生れ出る連続の積み重ね。
あらゆる進化とは、あらゆる自己
(内界に得た相互作用結果単位量=今)が、あらゆる他者(内界に得た相互作用結果単位量=今)との相対的な違いに得た、更なる相互作用単位量(更なる連続する意識に得た未来と虚空間=概念を虚空間の内界に認識しようとする)の内界に、更なる限りなく相対して同じもの(ひとつのもの)に在ろうとして稼働するもの。そしてあらゆる宇宙(過去の宇宙・今という宇宙・未来の宇宙)は、今ある均等に始まり、相反して、更なる均等に終ろうとして稼働する。

 

[すべては10進法に連続する次元(到達すべき概念)の内界に生まれ出ようとする]
あらゆる進化は無限に連続する分裂単位量
(相互作用単位量)の内界に生まれ出る。
原因無量=分裂単位量は、内界に得た相互作用単位量虚時間=未来と、演算量=虚速さに到達しようとし、到達した未来と虚空間今=無は、更なる始まりの分裂単位量原因にある。
あらゆる始まり原因と、表裏一体にある、あらゆる終わり結果は、相反する同じもの単位
あらゆる次元は3次元世界に完結しようとして稼働する=あらゆる10次元は内界に3次元に完結を有している。
宇宙(無量)の生み出す無限に連続する分裂単位量(相互作用単位量)の内界に質量という概念(結果単位量)が生まれ出る。そして生まれ出た結果単位量(ひとつのもの)は更なる分裂単位量に連続し、更なる相互作用結果単位量(更なる概念に進化)に連続する。

過去という宇宙
(概念)に完結(無量=ひとつのもの)は、1次元(分裂単位量)の内界に更なる概念の前提(1次元に完結しようとする)に在り→2次元(分裂単位量)の内界に更なる概念に進化(2次元面に完結=自己を得る)し→3次元(分裂単位量)の内界に得た進化(自己)の総量に到達しようとする(3次元に完結)
→3次元に完結(ひとつのもの)は4次元(分裂単位量)の内界に更なる概念の前提(1次元に到達しようとする)に在り→5次元(分裂単位量)の内界に更なる概念に進化(2次元面に完結=自己を得る)し→6次元の内界に得た進化(自己)の総量に到達しようとする(3次元に完結)
→6次元に完結(ひとつのもの)は7次元
(分裂単位量)の内界に更なる概念の前提(1次元に到達しようとする)に在り→8次元(分裂単位量)の内界に更なる概念に進化(2次元面に完結=自己を得る)し→9次元(分裂単位量)の内界に得た進化(自己)の総量に到達しようとする(3次元に完結)
始まりの10に分裂した単位量の内界と、表裏一体にある、外界は、10のすべてが相互作用を有する
(10の10乗)にあり、そして10次元目(無に到達しようとする)とは、あらゆる9次元の総体を包括する相互作用単位量(到達すべき自己=未来と虚空間=意識と存在に完結)に在るもの。 そして無(0=原因)から、1~9に生まれ出て、1~9の総体という、ひとつに到達し、更なる無(10=更なる原因=表裏一体に無限の分裂単位量に連続しようとする=無量)に帰る。
そして光の速さに到達した素粒子(ひとつのもの)は、同時(表裏一体)に、10という分裂単位量に得た相互作用単位量(10の10乗)に在り、増幅した素粒子の総体(平行宇宙)相互作用単位量が生み出す更なる概念(さらなる次元=更なる進化に連続する)の内界に生れ出ている(原子→分子→物体→生物)。あらゆる存在(結果単位量=質量という概念)するものは、得た概念(進化)の総量に収束(ひとつのもの)し、表裏一体に、更なる概念(可能性)に増幅(多世界)する、に連続する。


[無量の外界=光りの速さに到達した素粒子の総量に完結する=1次元~3次元:過去という概念宇宙に完結=無量=ひとつのもの(3次元に完結の総体)は、更なる3次元(素粒子の総体=ひとつのもの)の内界で稼働する
光りの速さに到達した素粒子=質量という概念の総量に到達する質量という概念を内界に有する1次元~3次元の総体=物質宇宙3次元の総体の内界にある1次元
素粒子が真にひとつのものとすれば、あらゆる反応事象は生まれ出ない。そしてこれ以上分解できないとされている素粒子には内部構造相互作用を有する過去という概念に完結=素粒子を根源に構成される人間を含む、あらゆる物質宇宙生まれ出た質量という概念の存在は、それ以前の概念を認識できないがある。
あらゆる素粒子は物質宇宙と同時表裏一体に在るもの、表裏一体に、物質宇宙原子→分子→物体→生物を稼働するための前提物質以前にあるもの。
あらゆる3次元の総体ひとつのものは更なる次元3次元の総体の内界で稼働する、表裏一体に、あらゆる3次元の総体ひとつのものは、更なる3次元の総体ひとつのものの外界に生れ出る。
無量(0次元=ひとつのもの)が10という分裂単位量に得た相互作用単位量(10の10乗)に質量という概念の前提
(1次元)が生まれ出る→質量という概念の前提(1次元=ひとつのもの)が、10という分裂単位量に得た相互作用単位量(10の10乗)、静止する質量という概念に進化する(2次元面)→質量という概念に進化(2次元面=ひとつのもの)が、10という分裂単位量に得た相互作用単位量(10の10乗)、進化の総量という光りの速さに到達した素粒子に完結(質量という概念の総量=3次元に完結=ひとつのもの)する。そして過去に完結した概念(無量)は、今という物質宇宙(原子→分子→物体)の前提(素粒子)として生まれ出る。

すべては3次元(ひとつのもの)に完結しようとする。素粒子は質量という概念の前提(1次元)から、質量という概念(2次元=進化)に到達し、質量という概念の総量(3次元=進化の総量=光の速さに到達した素粒子)に完結しようとして、光の単位(同時)の内界
相互作用単位量=重力・時空間)に稼働し続ける。

そしてあらゆる原子→分子→物体→生物という更なる概念(進化単位量)の内界に在ろうとも、素粒子は光の単位の内界で稼働し続けている(物質宇宙に生まれ出る重力・距離・速さ・時空間の根源) 

 


[光りの単位の外界=元素に完結する=4次元~6次元:素粒子の総体=ひとつのもの(3次元に完結)は、更なる3次元(元素の総体=ひとつのもの)の内界で稼働する
元素の総量に到達する素粒子を内界に有する、更なる概念4次元~6次元の総体=物質宇宙3次元の総体の内界にある2次元
原子という始まりの概念2次元面に到達し、原子という概念の総量に完結3次元しようとする時空間単純な原子の数から、複雑な原子の数に収束するに稼働する物質の根源に進化
光りの速さに到達した素粒子の総体(ひとつのもの=3次元に完結)が10という分裂単位量(得た相互作用量)に生まれ出て、素粒子の種類と数の総体に増幅(4次元=原子の前提)に完結しようとする→素粒子の種類と数の総体に増幅(ひとつのもの)が10という分裂単位量(得た相互作用量)に生まれ出て、始まりの原子の総体(5次元=進化)に完結しようとする→始まりの原子の総体(ひとつのもの)が10という分裂単位量(得た相互
作用量)に生まれ出て、元素の総量
6次元)に完結しようとする。
すべては3次元(ひとつのもの)に完結しようとする。元素は原子の前提の総体(1次元=認識単位)から原子という概念(2次元=進化)に到達し、原子という概念の総量(3次元=進化の総量=元素の総体)に完結しようとして光の単位(素粒子)の外界に稼働する。

あらゆる結果
(進化)を生み出そうとすものは、相対する二つのものだけでは稼動せず、ふたつで一対(ひとつのもの)の内界には、中間(均等)に向かおうとする目的量(重力=すべての可能性と同時にあり、到達すべき、ひとつの結果に生まれ出ようとする=原因)が同時に在る。陽子は三つの素粒子で一組となり、あらゆる三つが相互作用を有し更なる結果量に到達しようとする。
※相対する結果単位量
(単位=今)が相互作用を有し更なるひとつの結果単位量(未来)を得ようとする。しかし未来に生まれ出るであろう結果を無いものとすれば、相対する結果(単位=今)に相互作用(重力)は稼働せず静止する。そして変化(進化)も生まれ出ない。色の三原色のように到達すべき、あらゆる色は、すでに可能性として同時に在り、すべての色(今)には、生まれ出るであろう相互作用結果単位量(未来と虚空間)が同時にある。
そして宇宙
(単位)の内界に、あらゆる相対する二つのもので一対(ひとつのもの)に在るものが、到達すべき、ひとつの目的量(相互作用結果単位量)を得るという、三つの要素がなければ、到達すべき未来と虚空間(見かけ上の質量=速さ・見かけ上の概念=進化)は稼働しない。


[原子の外界=分子に完結する=7次元~9次元:元素の総体=ひとつのもの(3次元に完結)は、更なる3次元(分子の総体=ひとつのもの)の内界で稼働する
分子の総量に到達する素粒子と原子を内界に有する、更なる概念7次元~9次元の総体=物質宇宙3次元の総体に到達しようとする
分子という始まりの概念2次元面に到達し、分子という概念の総量に完結3次元しようとする時空間単純な分子の数から、複雑な分子の数に収束するに稼働する。
物質の総体素粒子の総量→原子の総量→分子の総量に到達し、表裏一体に、更なる概念物体→生物を生み出そうとする前提に在る。
元素の総体(ひとつのもの=6次元に完結)10という分裂単位量(得た相互作用量)に生まれ出て、原子の種類と数に増幅(7次元=分子の前提)に完結しようとする→原子の種類と数に増幅の総体(ひとつのもの)が10という分裂単位量(得た相互作用量)に生まれ出て、始まりの分子の総体
次元=進化)に完結しようとする→始まりの分子の総体(ひとつのもの)が10という分裂単位量(得た相互作用量)に生まれ出て、分子の種類と数の総量(9次元)に完結しようとする。

すべては3次元の総体(ひとつのもの)に完結しようとして稼働する。分子も、分子の前提の総体(1次元=認識単位)から分子という概念(2次元=進化)に到達し、分子という概念の総量(3次元=進化の総量=分子の種類と数の総体)に完結しようとして、素粒子、及び原子外界に稼働する。 

 

[質量という概念の総量=物質宇宙に到達する=10次元に完結9次元を内界に有し、概念の総量進化に完結する=ひとつのもの=10次元=更なる原因に還る=無
物質宇宙質量という概念=1~3次元→原子=4次元~6次元→分子=7次元~9次元を内界に有し、10次元相互作用の総量=意識の総量に完結する生物という概念を生み出そうとする原因
どこまで次元が積み重ねられようと3次元世界ひとつのものに変わりはない。
物質宇宙(単位の内界にある分子の種類の総量に到達するための分子の数の総量=ひとつのもの)に完結(質量という概念の到達すべき進化の総量=10次元に完結)の内界には、無量(過去に完結した概念=ひとつのもの)が更なる分裂単位量に連続した総体(素粒子の総体に収束する→元素の総体に収束する→分子の総体に収束する)が在る。しかし物質という概念世界までの完結であり、そこに生物という概念は生まれ出ていない。
物質宇宙に完結
(10次元に到達する)は更なる分裂単位量(多世界)に連続する。しかし分裂したそれぞれの物質宇宙に在る、分子の量→原子の量→素粒子の量は変わらない。そして分裂単位物質宇宙(多世界=相互作用単位量)の内界で生物という概念に生まれ出ようとする。

 


[生物という概念に生まれ出る11次元~13次元に完結3次元は、更なる14次元~16次元→17次元~19次元に到達し、20次元(無)に生れ出ようとする

物質宇宙(素粒子の総体元素の総体分子の総体=9次元を内界に有し10次元に完結するは、更なる概念を生み出そうとする分裂単位量(更なる多世界=更なる相互作用単位量)に連続する。

あらゆる宇宙に生まれ出る、あらゆる事象は3次元世界に完結しようとする内界に稼働するどこまで次元を重ねようと3次元世界に変わりはない=普遍

あらゆる概念宇宙(3次元の総体=ひとつのもの)は、過去に完結した宇宙(概念)を原因(1次元=更なる概念の前提)とし、→2次元面(更なる概念に進化)→得た概念の総量という3次元(進化の総量)に完結しようとする。そしてあらゆる今という概念(得た進化=得た意識量)は、過去の総体と、表裏一体に、未来の総体の内界(歪=今)に稼働する。
素粒子→原子→分子という過去にある概念宇宙に完結
(原因=10次元に完結=無)を内界に有し、生物という概念宇宙
(11次元~13次元=3次元の総体=相互作用単位量=概念の総量の内界に進化を積み重ねようとする。しかし生まれ出た生物という概念は更なる概念宇宙(14次元~17次元=3次元の総体=相互作用単位量=概念の総量)の内界にあり稼働するもの。そしてあらゆる過去にある概念宇宙も、相反して、あらゆる未来にある概念宇宙も同じ原理上に稼働する。
※宇宙の始まりは、ひとつのものであり、内界に連続する分裂単位量に生れ出た、質量という概念(素粒子)は、外界に得た分裂単位量(虚空間)と、表裏一体に、内界に得た分裂単位量(光の単位)に在り、あらゆる素粒子のひとつと、表裏一体にある、宇宙空間というひとつのものは、相反する同じ原理上のものに在る。そして素粒子を根源に更なる分裂単位量に生れ出た、更なる概念(原子→分子→物体→生物)という、あらゆるひとつのものは宇宙と同じものに在り、そしてあらゆるひとつのもの(素粒子→原子→分子→物体→生物)のすべては、相対して一対(ひとつのもの)に在る

 


[到達した、あらゆる今という宇宙無量というひとつのものの内界に分裂単位宇宙が連続する=パラレルワールド

あらゆる更なる次元分裂単位量=多世界=同時=ひとつのもの=パラレルワールドに連続する今という宇宙の始まる前から、相反して、今という宇宙の終わった後まで分裂単位量に連続する積み重ね
※あらゆるひとつのものは稼働しない。そしてあらゆる今という宇宙が稼働(進化)しようとするエネルギーは更なる分裂単位量(更なる次元=更なる多世界=更なる宇宙)の内界にあり、そしてあらゆる今という宇宙は、あらゆる過去の総体を内界に有し、表裏一体に、あらゆる未来の総体と同時になければ稼働しない。
無量
(あらゆる過去に完結した概念の総体=ひとつのもの)の内界に、始まりの分裂単位量(多世界=パラレルワールド)が生まれ出る(1次元の前提=過去という概念の相互作用を有そうとする総体=同時=一点=0次元)が生まれ出る、そしてあらゆる次元(分裂単位量=多世界=パラレルワールド)に連続し、仮に13次元(生物という概念が稼働する時空間)に到達する。そしてその延長線上には生物という概念宇宙の外界に、更なる概念宇宙(更なる分裂単位量=更なる多世界=更なる相互作用単位量=更なる意識=更なる進化宇宙)が、表裏一体(同時)に在る。

 

[特異点:原因=無量=同時=ひとつのもの=始まりの分裂単位量=過去という概念が相互作用を有そうとする総体=同時=ひとつのものという一点=0次元]
宇宙は何も無いところから生まれ出たのではなく、過去という概念に完結(無量)の内界に生まれ出た、質量という概念の存在が、過去という概念を認識できずに、無いものとしている(無が在る)
物質宇宙を生み出そうとする原因
(過去に完結した概念=ひとつのもの=無量=内界連続する無限の分裂単位量)が、始まりの10という分裂単位量(過去に完結した概念が相互作用を有そうとする総体=質量という概念の前提に到達しようとする)に生まれ出る。物質宇宙(質量という概念)以前であり、質量という概念の延長線上に生まれ出た人間(仮に11次元~13次元に在る質量という概念の存在)には認識できない。
仮にブラックホールが存在するとすれば、それは光の速さに到達した質量という概念(光の速さに到達した素粒子)の集積体。光の速さに到達し、相互作用量の総量に到達し、更なる未来(虚時間)を消失し、表裏一体に、虚時間が稼働する虚空間(演算量)も消失している。そして光の速さに到達し、しかし光の速さに還れず重力(速さと重力は、相反する同じもの)となり、相反して、光を使い切った存在に放出する光もない。
物質が存在しない宇宙空間を標準という虚空間量とすれば、虚空間を消失した物体
(ブラックホール)の周囲に近づくほど虚空間は減少に連続しようとして歪を増大し、空間的には穴のように表現されるのかもしれない。
ひとつのブラックホールを平面で考えれば空間の中に落ち込む穴となる、しかしブラックホールは宇宙空間に在り、あらゆる方向(面)から見ても空間の中に落ち込む穴となる。そしてその面の総体(ひとつのもの)とは、あらゆる方向の相互作用量に生まれ出ようとする始まり(球体の中心に静止する)にあるもの。
ブラックホールも宇宙の始まりも同じ原理上にあり、宇宙の始まりという特異点
(過去に完結した概念=更なる分裂単位量=更なる相互作用単位量=今の宇宙という更なる概念を生み出そうとするもの)も同じものであり、更なる相互作用単位量(更なる概念に進化)に連続しようとする分裂単位量の始まりに在る(すべては同じ原理上に稼働し、すべては連続の積み重ねという同じものに在り、相反して、すべては更なる概念という違うものに在る)
ブラックホールの底という一点
(ないものと同じに在る)に到達し、今という宇宙に在る重力という概念では説明できない世界があるとされている。それは質量という概念(分裂単位量に生まれ出た相互作用単位量→稼働した重力→得た距離=得た速さ=得た時間=あらゆる見かけ上の質量に生まれ出る)以前(今という概念宇宙を生み出そうとする原因)であり、相反して、生まれ出た概念の存在は、生み出そうとする概念を認識できない。
そしてあらゆる原因
(過去に完結した概念=更なる概念の始まり)は、ブラックホール(光の単位=質量という概念の総量に完結=更なる質量という概念の始まり)と根源的には同じものであり、相反して、更なる概念に連続しようとする無量(無限に連続する分裂単位量の連続の積み重ね)に在る。

 


原因(ひとつのもの=無量)の内界に無限に連続する分裂単位量に生まれ出ようとも、無量(ひとつのもの=原因)に変わりはない
特異点という一点=過去と同時になければ今は存在しない特異点・インフレーション・ビッグバンは過去の総体と同時にあるという今に在り観測することができる
宇宙の始まりという一点均等も、表裏一体にある、宇宙の終わりという均等一点も、相反する同じものひとつのものに在る=特異点も、今に在る宇宙も同じ大きさ概念宇宙=結果・距離・速さ・時間以前に大きさはない
始まりの質量という概念
ひとつに在り、大きいは、更なる分裂単位量の連続の積み重ねに多くの数に増幅し、相反して、質量という概念のひとつずつは収束小さいに連続する。
しかしあらゆる質量という概念は同じものにあり、そこに大きさの違いはない
あらゆる今は、あらゆる過去・未来との相対的な違いを比較できない=今のみに在る
※普遍の宇宙の内界に、収束
増幅に連続する質量という概念あらゆる自己に、相反して、あらゆる自己概念=意識の存在は普遍の宇宙空間が増大すると思える。
始まりの分裂単位量に生まれ出た質量という概念は大きく在り、少ない相互作用単位量(虚時間=未来)と小さな演算量(虚j速さ=虚空間)と同時に在り、相反して、増幅に連続する分裂単位量に縮小した質量という概念の総体に在り、多くの相互作用単位量(虚時間=未来)と大きな演算量(虚速さ=虚空間)と同時に在る、に連続する。
しかし無量(ひとつのもの)に変わりはなく、過去の宇宙(始まりの分裂単位量)も、今という宇宙(今に得た分裂単位量)も、未来の宇宙(更なる分裂単位量)同じもの(ひとつのもの)に在る。そして始まりの10という分裂単位量の内界にある、ひとつずつも、仮に1兆に分裂した単位量の内界にある、ひとつずつも同じ概念であり、そこに大きさの相対的な違いは無い。
そして宇宙の始まりの一点
(過去という概念に完結し更なる10という分裂単位量という、ひとつに在る=質量とい概念の前提に到達しようとする=光の単位)と、今という宇宙にある分裂単位量(仮に1兆に分裂の相互作用結果量)の生み出す、ひとつ(物質宇宙の最小単位=質量という概念=素粒子=光の単位)は同じものであり、人間(素粒子の相互作用を有する総体=ひとつのもの)が観測する特異点は限りなく小さなものに在り、加えて137億光年先にある。
しかし宇宙の始まりの一点
(特異点)は今の宇宙と同じものに在る(あらゆる今は、あらゆる過去と同時になければ存在しない、表裏一体に、あらゆる今は未来と同時になければ稼働しない=あらゆる過去という記録は、あらゆる今と同時に在ることを認識することができる=記憶・観測=アカシックレコード)
※今の宇宙空間を過去に遡れば一点に収束しようとする。それは物質(質量)が物理的な力を生み出すとする結果の世界のみで考えていること。しかし宇宙は何も増えず、相反して、何も減らないという、ひとつのもの。そして何も変わらない世界から、相反して、何も変わらない世界に到達しようとして、変化する世界に連続する(あらゆる意識の置かれた位置に、あらゆる世界は変化する)

[インフレーションあらゆる2次元面(進化)に到達し、進化の総量(3次元)に到達しようとするごとに生れ出る]
始まりのインフレーションは、始まりの静止する質量という概念=2次元面、と同時に在る(
静止する質量という概念=今、と表裏一体に在る、未来量に得た虚空間

原因(ひとつのもの)の内界に、始まりの分裂単位量
(0次元=過去という概念の相互作用単位量→質量という概念の前提に到達しようとする=1次元)が生まれ出て、更なる分裂単位量に得た相互作用単位量(静止する質量という概念に進化=2次元面=内界に3次元に到達しようとする更なる分裂単位量=更なる相互作用単位量=演算子=虚時間=未来=目的量と同時に在るに到達しようとする、表裏一体に、到達すべき3次元(質量という概念の総量=光の速さに到達した素粒子)に完結しようとする演算量(虚速さ=虚空間=インフレーション)と同時に在る。

観測されるインフレ―ションは、内界に連続するインフレーションの総体に在る
始まりの分裂単位量大きな質量の少数の総体=小さな相互作用量小さな虚空間量と、相反する、到達した分裂量小さな質量の多数の総体=大きな相互作用量=大きな虚空間量は、相対的な量の違いにあり、しかし原因無量=目的量という、ひとつのものに変わりはない原理世界に大きさはない=概念に大きさはない=あらゆる概念は、あらゆる今に在り、相対的な違いを認識できない

始まりの分裂単位量(1次元)は、質量という概念(2次元=進化=2次元面)に到達し、表裏一体に、進化の総量(光の速さに到達した素粒子の総体に完結=相互作用の総量=3次元)に到達しようとする虚空間(インフレーション=演算量)と同時に在る。
始まりの素粒子の分裂の総体(4次元)は、始まりの原子の総体(5次元=進化=2次元面)に到達し、表裏一体に、進化の総量(元素の総量に完結=相互作用の総量=6次元)
に到達しようとする虚空間(インフレーション=演算量)と同時に在る。
始まりの元素の分裂の総体
(7次元)は、始まりの分子の総体(8次元=進化=2次元面)に到達し、表裏一体に、進化の総量(分子の種類と数の総量に完結=相互作用の総量=9次元)
に到達しようとする虚空間(インフレーション=演算量)と同時に在る。

物質宇宙の分裂の総体
(11次元)は、更なる概念=生物(12次元=進化=2次元面)に到達し、表裏一体に、進化の総量(生物の種類と数の総量に完結=相互作用の総量=13次元)に到達しようとする虚空間(インフレ―ション=演算量)と同時に在る。
原因(無量)は生まれ出るであろう、あらゆる宇宙を内包する。そして始まりの分裂単位量もあらゆる宇宙を内包し、今という宇宙も、更なる生まれ出るであろう宇宙を内包し、あらゆる結果単位量(進化=今=ひとつのもの)は、更なる相互作用単位量(分裂単位量に連続する=無量)に在る。
そして連続する分裂単位量
(得た相互作用単位量に収束する=更なる概念に到達する=進化)のひとつに生まれ出た人間が、連続するする分裂単位量(得た相互作用単位量=演算量=外界に増幅する虚空間量)の連続の積み重ねの総体を同時に観測し光の速さを超えたインフレーションの内界に在ると思える。
インフレーションは
、あらゆる1次元~3次元の総体(同時)の内界に起きることであり、あらゆる3次元(設定量)に完結の総体となるまでの、爆発的な膨張(すでに在る、到達すべきシステムの稼働量=結果・距離・速さ・質量・重力・時空間以前)に光の速さは関係しない
※急速膨張するインフレーション。しかし始まりの分裂単位量
(相互作用単位量)から、終わりの分裂単位量相互作用単位量に至るまで原因(無量=ひとつのもの)に変わりはない(あらゆる終わりという今が在り、表裏一体に、あらゆる始まりという今に在る)
始まりの10という分裂単位量の内界
(大きく、少ない量にある相互作用単位量と同時にある虚空間量)にあり、更なる分裂単位量の内界(小さく、多くの量にある、更なる相互作用単位量と同時にある虚空間量)に連続する。
しかし変わらないという原因(無量=ひとつのもの)の内界に在り、小さな概念が多くの相互作用単位量に稼働する今という宇宙に在る意識からすれば、大きな概念は少ない相互作用単位量(虚時間)に稼働し、そして始まりの宇宙(分裂単位量)から、今という宇宙に至るまで分裂単位量の完結の連続の積み重ねと同時に在り、急速に大きな膨張虚空間が発生すると思えるもの。

始まりの宇宙に生まれ出た分裂単位量(内界に10という相互作用量=1という自己は外界に9という他己と同時に在る)は、小さな虚空間量の内界に、少ない量(小さな相互作用量)にある、大きな概念が稼働する、相反して、宇宙の終わりにあるだろう分裂単位量(内界に無数の相互作用量=1という自己は外界に無数の他己と同時に在る)は、大きな虚空間量の内界に、多くの量(大きな相互作用量)にある、小さな概念が稼働する。
そして小さな質量という概念世界に連続し大きな虚空間に生まれ出るとは、大きな質量という概念世界にあり小さな虚空間量が前提
(同時)に在ること。


[ビッグバンは連続するインフレーションの総体の内界に生まれ出る:ビッグバンとは宇宙空間の膨張ではなく、分裂と縮小に連続する意識(自己)に、相反して、外界(宇宙空間)が増幅すると思えるもの]
ビッグバン1分裂単位量に連続する並行宇宙の内界に急速に膨張する宇宙空間は、何も無いところに、膨張するのではなく、すでに在ったという、演算量=虚空間=インフレーションの内界に膨張する
連続する分裂単位量あらゆるひとつのものは内界に収束と分裂に連続し、しかしあらゆる収束と分裂の総体はひとつにあり、あらゆる収束と分裂の総体というひとつのものの内界に在る、あらゆるひとつのものは外界が膨張すると思える=定常宇宙
今の宇宙にある膨張空間は始まりのビッグバンの延長線上同じ原理上にある。そして連続する分裂単位量過去という宇宙の総体同時を、今意識の内界に有するビックバンは段階を経て今というビッグバンに在る
始まりの3次元(光りの速さに到達した素粒子の総体に完結しようとする=質量の始まりから終わりまで)の内界に、2次元面(質量という概念=進化)に到達し、インフレーション(相互作用単位量に得た、演算量=虚速さ=虚空間)と同時に在り、インフレーションの内界に演算の稼働量(質量という概念を生み出すとする演算システム)という膨張空間(質量という概念と表裏一体に在る)が連続する。そして原子→分子→物体→生物宇宙に到達するまで同じ原理上に連続し、分裂単位量に収縮した質量という概念(相反して外界に膨張する空間量)の内界に在る生物(意識)からすれば物質宇宙空間を生み出したというビッグバンとなる。

 


ビッグバン2ビッグバンは質量が生み出す物理的な力に生まれ出たものではなく、質量を生み出すための、未来と虚空間=目的量に到達するための稼働量にある
ビッグバンは質量の生み出す物理的な力による爆発宇宙ではなく、内界に連続する分裂単位量というシステムの稼働量。そして光速を超える膨張空間は光の速さに関係しない過去の総体を同時に意識している

ビッグバン爆発宇宙を前提にしても宇宙は蜂の巣状=均等の構造を有する宇宙に中心は無い=内界に連続する更なる重力
相互作用単位量虚時間と、表裏一体に、演算量虚空間が在る。相互作用結果単位量質量という概念と、表裏一体に、膨張空間演算の稼働量=虚質量が在る。
ビッグバンを質量が生み出す爆発と例えれば、放射線状に放出される、そしてすべての質量は外界に向かい速さを有し宇宙空間に蜂の巣状の構造は生まれ出ない。しかし宇宙は始まりの分裂単位量(1次元)から、今(仮に13次元)に至るまでの分裂単位量も、内界に連続する分裂(均等)が前提の連続の積み重ねであり、均等に配置された質量は均等に集約される連続の積み重ねに大きな空間の外周に集約される、そして同じことの繰り返しにある(蜂の巣構造)
宇宙の始まりにビッグバンがあるとすれば、分裂単位量
(得た相互作用単位量)に到達しようとして、表裏一体に、演算量(システムの稼働量)が生み出す結果単位量(質量という概念=意識の存在は、表裏一体にある、質量という概念を生み出そうとするシステムの稼働量=虚質量=膨張空間を認識できない)に在る。そして結果単位量(質量という概念)の存在は自己(結果単位量=質量という概念)を前提(在るもの)として質量の相互作用に重力が生まれ出ると思える。
そしてビッグバンを質量が生み出す物理的な力
(爆発)を前提にしているから、宇宙の有する質量の量により、膨張に連続するか、相反して、収縮に転ずるかという考え方となる。しかし質量とは光の単位(分裂単位量に得た相互作用単位量=演算子=虚時間=未来=目的量、と表裏一体にある、演算量=虚速さ=虚空間)の内界に生まれ出るもの(相反して生まれ出た質量という概念という今の内界には、更なる重力=更なる相互作用単位量に得た更なる虚時間量と更なる虚空間量という=時空間の根源がある)
※宇宙空間の真の姿は、結果量(過去)に膨張するを連続し、相反して、目的量(未来と虚空間)に収束するに連続している。しかし宇宙は静止(あらゆる静止する分裂単位量=今の内界に、あらゆる概念の完結に静止する=今)するもの、という連続の積み重ねの総体(同時=ひとつのもの=あらゆる今)に在る。

 

ビックバンはなく、ビッククランチもない=ビックバンはあり、ビッククランチもある(あらゆる宇宙=自己=ひとつのもの、は概念にあり、あらゆる概念に大きさはなく普遍に在るもの
宇宙とは質量という概念を生み出そうとして稼働するもの、そして質量を前提とするビッグバンも、相反する、ビッグクランチもない。
あらゆる内界に連続する分裂単位量(収縮に連続する自己=ひとつのもの=意識)に、相反して、普遍の宇宙は膨張(ビッグバン)すると思える(ビッグバンはない)。あらゆる外界に連続する分裂単位量(膨張に連続する宇宙=ひとつのもの=自己分)の総量に到達し、相反して、更なる分裂単位量(更なる宇宙)の内界に生まれ出て、最小単位(ビッククランチ)に在る。しかし最小単位に在ろうとも進化に到達した宇宙(概念)に変わりはない(ビッグランチはない)。そして更なる膨張宇宙の総体(ビッグバン)に在ろうとも、宇宙(ひとつのもの=概念=あらゆる自己)は普遍(概念に大きさはない)に在り、相反して、あらゆる収縮宇宙の総体(ビッククランチ)に在ろうとも、宇宙(ひとつのもの=概念=あらゆる自己)は普遍(概念に大きさはない)に在る。

 

 

宇宙に中心は無い均等に始まり、相反して、更なる均等に終わる
無量無限に連続する分裂単位量は、あらゆる今分裂単位量の内界に、更なる分裂単位量に連続する。そしてあらゆる自己結果単位量の存在は、あらゆる方向に宇宙の始まりがあると思える、表裏一体に、無量無限に連続する分裂単位量は、あらゆる今分裂単位量の外界に、更なる分裂単位量に連続する。そしてあらゆる自己結果単位量の存在は、あらゆる方向に宇宙の始まりがあると思える、
無量(ひとつのもの=質量という概念以前)が、始まりの10という分裂単位量(得た相互作用単位量)に増幅の内界に質量という概念の前提(1次元)に収束しようとする(分裂単位量という均等に始まり、相反して、相互作用の総量という均等=ひとつのものに終わる)
質量という概念の前提(ひとつのもの)が、更なる10という分裂単位量(得た相互作用単位量)に増幅の内界に、質量という概念に進化(静止する2次元面)に収束しようとする(分裂単位量という均等に始まり、相反して、相互作用の総量という均等=ひとつのものに終わる)
質量という概念(ひとつのもの)が、更なる10という分裂単位量(得た相互作用単位量)に増幅の内界に、質量という概念の総量(光の速さに到達した素粒子の総体=3次元に完結)に収束しようとする(分裂単位量という均等に始まり、相反して、相互作用の総量という均等=ひとつのものに終わる)
光りの速さに到達した素粒子の総体(ひとつのもの)が、更なる10という分裂単位量(得た相互作用単位量)に増幅の内界に、素粒子の総量(4次元)に到達しようとする(分裂単位量という均等に始まり、相反して、相互作用の総量という均等=ひとつのものに終わる)
素粒子の総量(ひとつのもの)が更なる10という分裂単位量(得た相互作用単位量)に増幅の内界に、始まりの原子の対に収束(5次元)に到達しようとする(分裂単位量という均等に始まり、相反して、相互作用の総量という均等=ひとつのものに終わる)
始まりの原子の総体(ひとつのもの)が、更なる10という分裂単位量(得た相互作用単位量)に増幅の内界に、元素の総量に収束(6次元)に到達しようとする(分裂単位量という均等に始まり、相反して、相互作用の総量という均等=ひとつのものに終わる)
その延長線上に分子→物体→生物があり、あらゆる始まりの宇宙(均等)から、終わりの宇宙(均等)に至るまで、宇宙に中心は無い。そして無量(ひとつのもの)の内界と表裏一体にある、外界に無限の分裂単位量に連続する、あらゆる相互作用結果単位量(自己)は、あらゆる方向に虚距離を感じ、あらゆる方向に宇宙の始まりがあると思える。
※分裂単位量(真の存在=数量以前)の内界に、得た相互作用単位量(虚数)が在る、表裏一体に、相互作用結果単位量(質量という概念=実数)に在る。そして虚数(実体=目的量=原因)からすれば、実数(結果=虚構の質量)は虚数に在る。
そしてあらゆる結果単位量
(質量という概念が得る、虚距離の内界に得た距離、及び虚速さの内界に得た速さ)に生まれ出ようとも、更なる10に連続する分裂単位量の内界に在り、あらゆる分裂単位量に得た、あらゆる結果単位量という、ひとつずつは進まない(無量=原因という、ひとつのものから出られない)


[宇宙は終わらない:始まりと終わりが同時に在る=あらゆる終わりという今(過去の総体)は、表裏一体に、今というあらゆる始まり(未来と虚空間の総体)に在る]
無量=結果・数量・距離・速さ・質量以前という原因は無限の分裂単位量に連続する更なる分裂単位量に得た更なる相互作用単位量=演算子という未来に稼働しようとする演算量という虚空間は、原因という過去に還ろうとする未来と虚空間に連続する=無限
分裂単位量の内界あらゆる原理世界=宇宙に、あらゆる始まりから、相反する、あらゆる終わりまで相互作用単位量=意識が稼働するが在る、表裏一体にある、無量無限に連続する分裂単位量に、始まりも、相反する、終わりもない相互作用単位量に在らず、相互作用量に在る=意識は稼働せず、しかしその内界にあらゆる自己=意識=単位量を生み出そうとする
現実と思える、物質(結果単位量=得た時間と空間=質量という概念の認識=今=無)以前に、目的量(分裂単位量に得た相互作用単位量=虚時間=未来)と、存在量(相互作用単位量に稼働しようとする演算量=虚速さ=虚空間)という、原因(ひとつのものの内界に在る無限に連続する分裂単位=無量)はもう在った。在った世界(原因=過去という概念に完結)の内界に、無いもの(結果単位量=虚構の質量という概念)として生まれ出て、在った世界は無くなる。しかし無いものという質量という概念(今に完結した概念=相互作用結果単位量)の内界には更なる概念に連続しようとする分裂単位量に得た相互作用単位量(無量)がある。全てが在ることは、何もないこと(終焉)であり、何もないことは、すべてが在る(始まり)こと。
質量という概念を虚空間の内界に認識する
(光の単位の完結=原理世界の一ページ)に生まれ出て、過去のページに消えていく。私たちが現実と思っている物質は発生と消失の連続で、そこにあるように思えるもので、そこに存在していないように思える、連続するものという意識(相互作用結果単位量の認識の連続の積み重ね)こそが継続して在るものという実体。
宇宙は光りの単位
(相互作用単位量に稼働しようとする演算量=単位の内界にある、すべての可能性のひとつに生まれ出ようとする=多世界)の相互作用を有そうとする総体(同時=単位=更なる多世界)にあり、その同時の内界に連続するもの、という意識(重力)に稼働(時空間)する。そして始まり(原因)と、終わり(結果)が、同時(表裏一体=単位)になければ、連続するもの、という意識(時空間=生命という形態)は生まれ出ない。
あらゆる宇宙(今)は、過去の宇宙(あらゆる概念の相互作用結果量の総体=進化単位量=今)と、未来の宇宙(更なる相互作用単位量と同時に在る、未来と虚空間量=今)を表裏一体に有し、無限に連続する分裂単位量のひとつという今(宇宙)が在る。
あらゆる連続する過去にある概念宇宙に完結(終わり)は、表裏一体に、あらゆる未来に連続する概念宇宙の始まり(原因)として同時にある。そしてあらゆる宇宙が始まるためのスイッチはなく、終わりの宇宙(宿命=結果)と、同時(表裏一体)に、始まりの宇宙(運命の総量=原因)の内界に在る。しかし無限の分裂単位量に連続する原因に結果という終わりはない。